ホンダもEVを発表したがただのヴェゼルだった?X-NV コンセプト

 
ホンダもついにEVシフトになるようです。
中国(上海)でモーターショーがありホンダはX-NV コンセプトという車種を発表しています。
これはEV車でありコンパクトSUVの形です。

ただよく見ると日本でもおなじみのヴェゼルにそっくりで話を聞いてみるとやはりヴェゼルベースの車種だそうです。

しかし中国で商売をやっていくのは大変なことのようで中国共産党が運営しているであろう広州汽車という中国メーカーとホンダは共同開発という体裁でこのX-NV コンセプトを発表したようです。

そもそもホンダくらいのメーカーが今更EVなんていう古い技術の車を他メーカーと共同開発する理由なんて中国で商売をする以外には見当たりません。
中国で商売するに当たって中国共産党配下のメーカーと組んでやらないと大変なことになるということなのでしょう。

NEV規制とは何か?


日本メーカーがこぞって今中国でEVを発表している背景とは中国本土の事情があります。
それは「NEV規制」というもので早くも2019年に始まるのだそうです。

・NEV規制
中国で年間に3万台以上を生産・輸入する完成車メーカーが対象。中国での内燃機関車の生産や輸入量に応じて、NEVの生産実績で付与される「クレジット」を獲得しなければならない。目標は2019年に10%、20年には12%と引き上げられる。未達成の場合は他社からクレジットを購入する。18年から導入される予定だったが1年間延期された。
NEV対象は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)で日本勢が得意とするハイブリッド車(HV)は含まれない。

日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28084720T10C18A3X13000/


NEV規制にはご覧のようにハイブリッドは入らないということでEVを開発せざるを得ません。

ホンダも急造EVということでヴェゼルを使ってきました。トヨタはC-HRです。
言ってみれば両社ともEVの本気度はまだまだ低いと見えますね。

本気であれば全くの新車種を投入して良さそうなものですが規制に対して急ごしらえで作った感が出ています。

ただしアメリカでの対応と違ってある程度売れる車種を作っていることは興味深いでしょう。
アメリカではプラグインハイブリッド車を作って規制をすり抜けようとしているのが多くの日本メーカーですが中国では現実的な車種(EV)を投入しています。

ホンダはEVを日本で販売する気はあるのか?


ここは微妙なところでしょう。日本では日産がリーフを販売していますが余り売れていません。
そもそもホンダの現状としては日本では軽自動車の比率が高まっていて普通車ですら売れなくなってきていて利益は減っているとのこと。

販売店としても軽自動車ばかり売っても儲からず(そもそも車を売っても販売店自体は儲からないのですが)メーカーとしては日本市場はネックになっています。
ホンダは世界的には好調な売上で中国でEVが上手く行けば普通のガソリン車も売っていけるわけですから益々日本は軽自動車だけという対応になりそうですね。

日産もそうですが日本向けの車種はほとんど開発していないのが現状です。ホンダもいずれそうなるでしょうからトヨタ一強体制が益々日本で強まると言えそうです。

時代の流れは早い


時代の流れは早いもので昨年の今頃はEVなんて実際は口だけで実現しそうにないと言っていました。
実際はハイブリッド車で環境対応していくのでEVは環境規制対策だという声が主流だったのです。

しかし1年経ってみるとこのEVは本格化しそうです。
中国では自動車登録にそもそも規制を掛けていて新規に登録しようとするとナンバープレートが抽選になるそうです。
ですから車を買う前にナンバーを取得しないと乗れないということになります。

日本とは大違いで日本ではナンバーは取り放題、番号を指定できるくらいです。
もっと言えばそういう状況なのに全く車が売れないことを考えると中国とどれだけ差があるのか…と思ってしまいます。
これは経済力の違いが如実に出ているなと思いますね。

車買取 岐阜